サニタリー対応 吐出装置

テクノアルファ

テクノアルファ社製サニタリー対応 吐出装置

食品向けの定量吐出はお任せ!

弊社が提案する食品・飲料向け吐出装置はサニタリーに準拠しており、粘性が高い液体や固体においても吐出ばらつきを抑え、高速定量吐出及び管理を実現します。 今まで以上にフレーバの「風味・味わい」を高めたい・的確に表現したいなどのニーズに最適です。
「従来の飲料向け充填器に香料を入れても効果が表れづらいので改善したい!」
「食品にスパイス、風味感をしっかりと表現したい!」
「キャラクターを描きたい!」

などのニーズがある際にはまずご相談下さい。

特長

サニタリー対応 吐出装置
図1 吐出装置(ディスペンサ部)

高性能ディスペンサを標準装備
  • 固体、高粘性液体の吐出に対応
  • 微少吐出が可能
  • 低ばらつきに
  • 温調ユニット搭載により吐出物の一定管理を行うことで風味感を損なわない吐出を実現
高速ラインに追従
  • 30Hzに対応
PLC、PC制御の選択が可能であり、
遠隔モニタリングにも対応
  • 一連の流れをモニタリング
    対象物の検知⇒吐出⇒吐出有無判断・定量評価など
インターロック機構付き
  • 生産の続行、停止をユーザ仕様でセレクト可能

アプリケーション

○ 食品生産ライン向け香料の微少・定量吐出

○ 製菓生産ライン向けチョコレート・生クリームでのデザイン製作

○ 飲料生産ライン向け香味・香料の微少・定量吐出

システム構成

基本構成

ディスペンサ、タンク、ライン固定冶具、対象物・吐出物検知システム(吐出物検査機構は高速カメラ検査の選択も可能)、制御及びロギングソフトウエア(ユーザニーズでカスタマイズ)、システムラック(コントローラボックス)

オプション

吐出物温度管理システム、圧力監視、防水機構、インターロック機構、遠隔モニタリングなど

標準システムダイヤグラフ
図2 標準システムダイヤグラフ

制御及びロギングソフトウエア

各種設定、運転モードや監視モードの設定・切替えなどはユーザニーズに基づき製作します。

飲料向け吐出装置配置例
図3 運転モード

標準システムダイヤグラフ
図4 各種設定モード

Q&A

Q1 デモンストレーションや効果測定は可能?

可能です。
まずは、効果の可能性を検討して頂くことを推奨

Q2 システムエラー時の対応は?

エラー信号をフィラー側に出すことも可能です。
どのエラーの際にラインを停める!継続する!などをフレキシブルに決めることができます。 更に遠隔監視にも対応します。

Q3 吐出液のばらつき精度は?

吐出液の性質によります。 ただ、粘性を抑えるために温度管理をしたりすることでばらつきをある程度抑えることが可能です。

Q4 固体物の吐出は?

可能です。
もちろん、固体の硬さなどによりノズルが損傷する場合もあるため、確認は必須です。

Q5 サニタリは?

もちろん食品グレードでご提案可能です。

Q6 24時間メンテは?

別途契約が必要ですが、24時間電話サポートの検討は可能です。
また、バックアップシステムなどラインを停めないためのオプションをご提案します。

サニタリー対応 吐出装置のお問合わせ

サニタリー対応 吐出装置および関連製品についてのお問い合わせ・ デモ機でのご評価等のご用命は、下記担当者までお気軽にお問い合わせ下さい。

エレクトロニクスグループ(旧電子材料・機器グループ)
TEL:03-3492-7430
FAX:03-3492-2580

お問合わせはこちら

コンタクトイメージ画像

製造工程から探す

製品案内