Connections テクノアルファ Webマガジン

Oct. 2013 Vol.3

Section03 製品紹介

ミランダ式ボートダビット
海上保安庁へのミランダ式ボートダビット(高速警備救難艇の揚卸装置)納入

ミランダ式ボートダビット

日本は周囲を海に囲まれており、その領海は北海道から沖縄までの広範囲なものです。
日本の国土保全のため、日夜、海上保安庁の巡視船・巡視艇が海上をパトロールし、海難救助、領海侵犯、不審船等の警備・警戒に努めています。 当社は、以前よりこれら巡視船に搭載する高速警備救難艇を迅速に海面に降下、揚収するための揚卸装置(ミランダ式ボートダビット)を納入し、日本の海上保安に少なからず貢献してまいりました。
最近では、尖閣諸島を含む沖縄海域でのパトロールが強化され、この海域で長期にわたり活動する当該海域を担当する巡視船だけでは足りず、他の海域を担当する巡視船が派遣され、補完しています。 日本の周囲の海域には中型巡視船(500トン)から大型ヘリコプター搭載型巡視船(3,800トン)まで目的に応じて配船されているようです。


是非、この記事に対するご意見・ご感想をお寄せ下さい。
より良い情報をご提供するための参考とさせていただきます。

ご意見・ご感想

お問合わせ

テクノアルファ Webマガジンをご覧いただき、誠にありがとうございます。
当サイトについてのご意見・ご感想・ご要望等は、以下のお問い合わせフォームにて、お気軽にお寄せ下さい。
より良い情報をご提供するための参考とさせていただきます。

お問合わせはこちら

コンタクトイメージ画像

Webマガジン