Connections テクノアルファ Webマガジン

Jan. 2014 Vol.5

Section05 新人奮闘記

ロッククライミング体験レポート

ロッククライミング体験レポート

こんにちは!電子材料・機器グループ、入社2年目のNです。 初めての寄稿になりますが、なんとロッククライミング体験について紹介させていただきます。

少し前の話になりますが、この10月に先輩社員とともに、奥多摩までロッククライミングに行ってきました。 実は、私、ロッククライミングは初体験でしたが、ロッククライミングを甘くみておりました。 車を降り、登山口へ入ってからすぐに急勾配な山道が延々と続き、スポットにたどり着くまでに心は折れていました。 みるみるうちに先輩との距離ができ、山道にひとりポツンと取り残されている事に気が付きました。 そのうえ、すでに疲労困憊!!この時点で「ロッククライミングは二度とするか!」と思った事を覚えています。 ひとり山道を登っていると、「熊出没注意」の看板が目に留まり、気が付けば残る力をふりしぼり、必死に先輩の後を追いかけました。 やっとの思いで追い付く事ができたと思ったら、道が開けてそこには断崖絶壁が!!どうやらロッククライミングスポットへ到着したようです。 私は既に疲れ切っておりましたので、少し休憩を取りました・・・。

台湾グルメレポート

山の上で昼食をとり、体力回復!いざクライミング開始!! ところが、下から岩山を見ると、そこまで難なく登れるように思えましたが、実際登り始めると手足をかける場所が無いうえ、高さの恐怖で足がすくみました。 先輩から「そこに足をかけろ」とアドバイスがありましたが、足元を見る余裕もなく、恐怖心が体全体を襲い、固まってしまいます。 どうやらこの時は安全ロープを全く信用していなかったようです。 何回か同じ場所を登るとコツを覚え、また恐怖心も次第に無くなり、岩山の一番上まで登る事が出来ました!!
気が付けばロッククライミングに魅了され、一生懸命岩山を登っていました。 登山途中であきらめず、ロッククライミングができ、よい思い出になりました。 次回はもう少し難しい場所でロッククライミングに挑戦してみたいと思います。
読者の皆様も、機会があればぜひロッククライミングに挑戦されてはいかがでしょうか。


是非、この記事に対するご意見・ご感想をお寄せ下さい。
より良い情報をご提供するための参考とさせていただきます。

ご意見・ご感想

お問合わせ

テクノアルファ Webマガジンをご覧いただき、誠にありがとうございます。
当サイトについてのご意見・ご感想・ご要望等は、以下のお問い合わせフォームにて、お気軽にお寄せ下さい。
より良い情報をご提供するための参考とさせていただきます。

お問合わせはこちら

コンタクトイメージ画像

Webマガジン