Connections テクノアルファ Webマガジン

May. 2014 Vol.11

Section03 製品紹介

SiC膜の可能性

今回は、マリン環境機器グループで取扱う、ろ過フィルター・SiC(シリコンカーバイト)膜と、その可能性をご紹介致します。

SiC膜の可能性

もともと、SiC膜は耐薬品性や透過性能のため、各業界から注目されていましたが、近年、シェールガス開発や油田開発にともなって生まれた新しいニーズが注目されています。
シェールガス、油田、ろ過フィルター・・・これらとSiC膜のどこに接点があるのでしょうか。キーワードは“随伴液”です。
随伴水(Produced Water)とは、化石燃料である油・ガスの生産に伴い、副次的に生産される地層水のことをいいます。 近年、シェールガスの開発が活発になり、シェール(頁岩)破砕後に地上に戻ってくる水(フローバック水)も随伴水に分類されます。
この随伴液には油分はもとより、有機物、無機物、重金属類、塩類などが含まれているのですが、地域や地層によってその組成や量は多種多様です。 従って、現状では一様な処理方法はなく、多様な水処理技術を組み合わせてオーダーメイドしています。

SiC膜の可能性

上記の処理技術の中核となるのが油分の除去(ろ過)です。 様々な技術の中でも、LiqTech社のSiC膜は、油分とSS(遊離固形分)の除去に非常に優れています。 従来方法に比べ、コストパフォーマンス、寿命、維持管理の容易さ、装置のコンパクトさで大きな優位性が見出されています。
世界的に増加する随伴水対策・規制強化のため、水の再利用(ろ過)は必須の状況となりつつあります。 すでにLiqTech社のSiC膜は北海、中東、東南アジア、北米、南米と世界中の油田/ガス田で採用が始まっています。 現在、最も活気のある石油/ガスプラント市場で好機を捉えようと国内のエンジニアリング会社も積極的に海外進出を図っています。当社もその一助となるべく、SiC膜の認知度アップに日々努力しています。


是非、この記事に対するご意見・ご感想をお寄せ下さい。
より良い情報をご提供するための参考とさせていただきます。

ご意見・ご感想

お問合わせ

テクノアルファ Webマガジンをご覧いただき、誠にありがとうございます。
当サイトについてのご意見・ご感想・ご要望等は、以下のお問い合わせフォームにて、お気軽にお寄せ下さい。
より良い情報をご提供するための参考とさせていただきます。

お問合わせはこちら

コンタクトイメージ画像

Webマガジン