Connections テクノアルファ Webマガジン

Vol.23 - September 2017 海外出張レポート

『プラズマ装置のdiener社、そして羊の群れ』

ナゴールド

エレクトロニクスグループのプラズマ装置担当です。
9月にドイツのdiener社にて、セールストレーニングを受けてまいりました。 diener社はシュトゥットガルトのナゴールドという村にある、プラズマ装置を製造するメーカーです。 プラズマ装置とは部材の濡れ性や接着性、印刷・塗装性の改善や、エッチング、ドライクリーニングを行う装置で、主な部材は、金属・ガラス・プラスチック・樹脂・フィルム・紛体等です。 同じ部材であっても用途は様々で、医療用部品や自動車用部品、電子部品、光学部品、意外なものではオリンピックスポーツ用の道具があります。

diener社ではサイズや用途別に様々な装置を用意しておりますが、大きく分けるとガスを使用して真空チャンバーでプラズマを発生させる低圧プラズマ装置と、圧搾空気を使用してノズルからビーム状のプラズマを発生させる大気圧プラズマ装置の2種類があります。 低圧プラズマは2リットルから最大1,500リットルまで処理が可能な装置があり、大気圧プラズマはアーク放電とコロナ放電の装置があります。 特徴的なものの一つに、紛体処理が行える低圧プラズマ装置があります。 紛体といっても紛状のものだけでなく、超小型の部材の処理なども可能です。 粉体処理用プラズマ装置に関しては10月11日~13日にインテックス大阪で行われた紛体工業展2017にてカタログを展示したのですが、大変好評で多くの方にご覧いただけたようです。
また、diener社で見てきたデモ機の中に、まだ日本ではリリースされていないのですが、ウェハーの処理に特化した小型装置FEMTO RIEがありました。 RIEプラズマ(等方性プラズマ)という強力なプラズマを利用し、150mm ウェハーの処理が可能です。 こちらは日本では2018年販売開始予定で、廉価版であるZEPTO RIEもあります。

FEMTO RIE
FEMTO RIE

ZEPTO RIE
ZEPTO RIE

私がdiener社を訪問した際の印象は、オフィスだけでなく工場内も整っており、徹底的に整理整頓が行われているということでした。 大型装置を含め、様々な用途に対応した装置が多数設置されており、各担当者がそれらを使用して実験を行っていました。 また、効果の確認が可能な設備や道具や手法も準備されており、水滴の接触角測定機器や厚みの測定機器、表面張力の異なるインク、インジケーター等がありました。

羊の群れの横断

ところで、トレーニングの後は、地域名にもなっている“ブラックフォレスト”のエリアへ連れて行ってもらいました。 山の麓からナゴールドの村を一望できたのですが、中世の街並みを残しており、非常にきれいな景色でした。
道中では運よく羊の群れの横断を見ることができました。 テレビでしか見たことがない光景に非常に興奮しました。 羊の横断は地元の方でもなかなか見ることが出来ないそうです。 羊飼いとシェパードの先導で、数えきれないほどの羊が山道から下りてきて道路を渡っていきましたが、意外にも全ての羊が横断に要した時間は5分程でした。 群れの最後尾には羊飼いの子供がついていたため、1頭もはぐれずに道路、そして橋を渡っていきました。

diener社はアジアでの拡販に成功している会社です。 日本では当社が代理店として、引き続きdiener社のプラズマ装置の良さをアピールしていきたいと思います。

お問合わせ

テクノアルファ Webマガジンをご覧いただき、誠にありがとうございます。
当サイトについてのご意見・ご感想・ご要望等は、以下のお問い合わせフォームにて、お気軽にお寄せ下さい。
より良い情報をご提供するための参考とさせていただきます。

お問合わせはこちら

コンタクトイメージ画像

Webマガジン