IR情報

コーポレート・ガバナンス

1.基本的な考え方
当社のコーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方は、企業価値の最大化を図る観点から営業判断の迅速化、経営の効率化を進めるとともに経営の透明性の観点から経営チェック機能の充実及び適時適切な情報開示を重要な課題と考えております。
今後もさらに企業競争力の強化を図るとともに積極的かつ迅速な情報開示に努めてまいります。

【コーポレート・ガバナンス体制】
コーポレート・ガバナンス体制

2.コーポレート・ガバナンス強化に向けて
当社では内部監査部門として社長直轄の監査室を設置しており、業務執行の適切性・効率性の確保に努めております。監査室長は監査役との会合を定期的に持ち、監査の方法や結果について情報交換を行うことで相互連携を図るとともに、監査役からの助言等に基づき、内部監査の充実を図っております。
また、現在社外監査役が2名おり、第三者の立場から経営を適正に監視しております。現状、社外取締役は選任しておりませんが、さらに客観的・中立的な視点からの経営監視体制の強化のため、今後適任者を選任することを検討しております。目下、2名の社外監査役が独立役員として、株主と利益相反とならないよう、取締役会においても適宜意見を述べ、取締役の業務執行を監督しております。

3.業務執行、監査・監督、指名、報酬決定等の機能に係る事項
(1)会社の機関の内容
当社は監査役制度を採用しており、監査役3名のうち2名が社外監査役であります。
取締役会は、本報告書提出日現在、取締役4名で構成されており、会社法で定められた内容のほか、経営戦略、事業計画の執行に関する最高の意思決定機関及び業務執行の監督のため、毎月1回の開催を定例化しております。取締役会では、法令定款に定められた事項に限定せず、幅広く決議事項、報告事項を議案とし、実質的に業務執行に関する、最高意思決定機関及び監督機関として機能しております。
監査役は、取締役会に出席し、取締役の業務執行を監督するとともに、社長のほか各担当取締役と随時情報交換を行い、経営課題や問題点を共有するほか、さまざまな角度から経営をモニターし、取締役の業務執行に対して厳正に対応しております。また、監査役は、毎月1回監査役会を開催し、監査役監査に関する協議を行っております。
内部監査としては、社長直轄の監査室(1名)を設置しており、年間を通じて内部監査規程により必要な監査を実施しております。
監査役とは常時連携を密にして、意見交換を行っております。当社と三優監査法人との間では、監査契約を締結し、同監査法人は、公正不偏の立場で監査を実施しております。

(2)内部統制システム、リスク管理体制及びコンプライアンス体制の整備状況
当社は、組織規程、業務分掌規程、職務権限規程及び稟議規程を含む各種規程を網羅的に整備しており、各役職員が責任と権限をもって適正に業務を遂行しております。また、社長直属の組織として監査室を設置し、内部牽制を強化しております。監査室は、業務監査を中心に毎年定期的に内部監査を実施し、内部統制システムの充実に努めております。また、マネージメント会議を毎月1回開催し、取締役会で付議される以外の経営に関する、より細部にわたる審議、報告を行い、主として事業環境の分析、事業計画、利益計画の進捗状況など情報の共有化を図り、経営判断に反映しております。また、同会議においては、企業統治や法令遵守状況及びリスク管理の実態監視、危険防止のための社内啓蒙活動等について情報共有を行い、問題点への対策を協議しております。このほか、弁護士と顧問契約を締結し、適宜リスク対応等の助言を受けております。

(3)会計監査の状況
三優監査法人と監査契約を締結し、監査契約に基づき会計監査を受けております。

(4)現状の体制を採用している理由
上記の体制により、十分な業務執行の監督ができており、当社の企業規模(売上高、利益、資産、人員等)に応じたガバナンス体制であると考えております。


IR情報

IRメール配信サービス